©Kengo Kuma and Associates

日本 2003村井正誠記念美術館

東京
レジデンス | 文化施設
竣工
2F

日本のmodernism paintingのパイオニアである故・村井正誠(1905-1999)のための個人美術館。

1940年代に村井さんが東京郊外の静かな住宅地にたてた築60年の木造住宅を美術館に改修した。村井さんがアトリエとして使っていた小さな部屋をそのまま保存し、その外側に、もうひとつの大きい箱をかぶせ、大きい箱と小さい箱の間に生成される隙間の部分を展示空間とした。

外壁には、解体した家の古材を用いた。古い時間と新しい時間とを、素材を用いて同居させようと試みた。

チーム 白浜 誠* 構造 中田捷夫研究室 設備 東洋熱工業 パブリケーション GA JAPAN 163 、日経アーキテクチュア 2005/11/14 No.809 、日経アーキテクチュア 2005/11/14 No.809 、カーサ ブルータス 2005/10 vol.67 、日経アーキテクチュア 2005/05/02 No.795 、カーサ ブルータス 2005/05 vol.62 、カーサ ブルータス 2005/05 vol.62 、GA JAPAN 69 、GA JAPAN 65