KKAA Newsletter #45 (January 18, 2022) See in English 日本語で見る

#45 January 18, 2022


2021年の年末に、オードリー・タン、マイケル・サンデルという興味深い2人と続けて対話する機会があった。オードリー・タンといえばDXの象徴であり、テクノロジー・オリエンテッドな人物と見られがちだが彼自身はfunを大事にする気さくで楽しい人間で、fast, fair, funという3つのfが大事と語り、僕も全面的に共感した。Convivial という言葉を多用し、onlineで話したが、画面上で彼の顔の脇に、カワイイ絵文字が次々と飛び出してきて、onlineとは思えぬ、ぬくもりのある対話ができた。DXでもあたたかい人間味を残すことの実例だと、彼は自慢していた

マイケル・サンデルとは、彼の繰り広げるメリトクラシー(実力主義)批判、新自由主義批判と都市政策の関係についてトークした。彼がまずチャーチルの有名な言葉「人が建築を作る(shape)が、すると, 次に作った建築が人を作る」を引いて語り始めた。

僕はそれに答えて、20世紀初頭に、人間が作り始めた超高層ビルという形式 ― すなわち競争に打ち勝った、社会のトップに立つエリートが、超高層という都市のトップの場所で働き、君臨するというシステム ― が、メリトクラシー社会の垂直的ヒエラルキーを視覚的に可視化し、格差を拡大し、再生産したと指摘した。それに対する彼の答えが面白かった。確かに20世紀初頭のNYは超高層も発明したが、それに先立ってセントラルパークを用意していた。セントラルパークはあらゆる階層の人間に開かれたコミュニケーションとリラックスのための場所であり、それが超高層のメリトクラシーを補完したというのである。とすれば現代の東京は、セントラルパークという補完装置を持ち込まずに超高層だけを持ち込んでしまった絶対的で救いのないメリトクラシー都市ということになる。

どのようにしたら、この世界に、あらゆる人に開かれた、convivialな場所を取り戻すことができるだろうか。二人の会話から、2022年を生きる、様々なヒントをもらうことができた。

Kengo Kuma © Onebeat Breakzenya

Architecture東京工業大学 Hisao & Hiroko Taki Plaza Read More
Architecture栄光学園 Read More