©Mitsumasa Fujitsuka

日本 2017Comico Art Museum Yufuin

2017.10
大分
文化施設
竣工
603
2F / 1BF

温泉観光地として独自の文化を育んできた由布院にたつ、現代アートのための小さな美術館。由布院盆地を彩る青々とした山々と、展示される現代アートを引き立てるために、黒い焼杉で建物を覆った。焼杉とは杉板の表面を焼くことで炭化させて耐久性を高めた素材で、西日本では外壁材として伝統的に使われてきた。遠目では真っ黒のヴォリュームだが、間近で見ると焼杉特有のウロコ模様や木の温もりが伝わってくる。焼杉をランダムに小端立てにすることで、40mを超える壁面に深いリズムを与え、街並みのリズムとシンクロさせた。
独立した二つの展示室は、屋外から入り込む水盤をはさむ形で静かに向かい合う。ミニマルな展示空間とは対照的に木と和紙で包まれた2階ラウンジと、それにつながる枯山水の庭は、凛としてそびえたつ由布岳を仰ぎみるための前庭として調えられている。

チーム 大庭 晋、長井 宏憲、山根 脩平*、飯塚 哲平* 施工 佐伯建設 構造 アラップジャパン 設備 アラップジャパン 外構 プレイスメディア パブリケーション ディテール 2021/04 No.228 、カーサ ブルータス 2020/11 vol.247 、カーサ ブルータス 2020/11 vol.247 、日経アーキテクチュア 2018/1/11 写真撮影 ©︎ 藤塚光政