京都国際ホテル 客室モデルルーム | 隈研吾建築都市設計事務所
©Kengo Kuma & Associates

日本 2011京都国際ホテル 客室モデルルーム

京都
内装 | 宿泊・娯楽
竣工

建築家(1908年-1997年)吉村順三によって設計された二条城前に建つ京都国際ホテル(1961年)の客室リニューアル。

和紙貼りの勾配天井をコンクリートのボックスの中に挿入することによって、平屋の日本建築の持つ「屋根」の魅力を中高層建築の中に実現することを試みた。水周りはガラスボックスとし、無双格子の手法によって、関係性をコントロールした。家具も全て重心の低い天井高の中で、可能な限りの開放感を獲得した。

チーム 横尾 実、平辻 里佳*、山根 脩平* 設備 森村設計 照明 岡安泉照明設計事務所