© Mitsumasa Fujitsuka

日本 2017森の病院 成田リハビリテーション病院

千葉
病院
竣工
9,986
2F

成田空港至近の里山に佇む低層のリハビリテーション病院。
大地となだらかに連続するスロープ状の屋上緑化によって、周囲の森と融け合う建築とした。
外装には杉板のルーバーを纏わせ、木々の陰翳と呼応する重層的な表情を作った。
二階に浮かせた病室はベッドの前に大きく窓を設け、静かに森と向き合うプライベートな空間とした。
大地としてつながる緑の屋上は、リハビリテーションのための遊歩道となる。

チーム 阿知波 修二、喜多 啓、一瀬 健人* 施工 三井住友建設 構造 金箱構造設計事務所 設備 環境エンジニアリング 写真撮影 ©︎ 藤塚光政