©Daici Ano

日本 2010玉川高島屋S・C本館ファサード改修

東京
商業
竣工
6F / 3BF

玉川髙島屋の中層棟に、歩行者用のアーケードを増築し、都市と建築(ハコ)をやわらかく接合しようと試みた。
1.5mm厚のアルミの板をひとつずつ別々の曲線で切り抜き、細い鉄骨でつなぎあわせることで、有機的形態を持つ、やわらかなアーケードを作った。アーケードの下部にはプラントボックスを設け、やがて「緑の洞窟」となって、心地良い立体的遊歩道となるであろう。

チーム 宮原 賢次、秋山 弘明 構造 東京建築研究所、リズムデザイン パブリケーション 日経アーキテクチュア 2016/6/23 写真撮影 ©︎ Daici Ano、 ©︎ Naoki Takimoto、 ©︎ Toshin Development