Cocon 烏丸 | 隈研吾建築都市設計事務所
©SS Osaka

日本 2004Cocon 烏丸

2004.12
京都
オフィス | 飲食/店舗
竣工
21,118
8F / 1BF

商社丸紅の前身である丸紅呉服店がビルを1938年に立てた、当時京都最大といわれた歴史的建築物のリノベーション。印象的なタイルの外壁を修復して保存し、商業施設のはいる低層部に、ガラスのスキンを付加することによって、時間の重層を表現した。

ガラスには、一階に店を携える唐紙の老舗、唐長に伝わる「天平大雲」のパターンをプリントし、京都の歴史をさらにさかのぼって、従来のファサードへと刻印しようと試みた。内部においても、特徴的な両端にハンチのついたハリを露出することで、過去と現代との重層の感じられるインテリアとした。

チーム 宮原 賢次、宮澤 一彦、松島忍* 施工 竹中工務店 構造 三信建築設計事務所、日建設計 設備 三信建築設計事務所 照明 松下電工 アワード 第16回BELUCA賞 パプリケーション ブルータス 2007/11/01 No.628 、日経アーキテクチュア 2005/11/14 No.809 、日経アーキテクチュア 2005/11/14 No.809 、GA JAPAN 73 、新建築 2005/03 写真撮影 ©︎ SS