© RolexCédric Widmer

米国 2018Dallas Rolex Tower

2018.5
テキサス
オフィス
竣工
12,714
8F / 4BF

ダラスの中心市街地のエッジ。グリッド状の街路と周辺部の街区制の接点にたつ、ロレックスのカスタマーセンター。敷地の高低差を解消するため、またダラスのトラフィックから建築を守るために、ガラスのタワーは、石垣の基壇で守られている。石垣は、日本の城に用いられていた穴太(あのう)の石積みの技術で積まれ、その技術を引き継ぐ穴太衆の職人の手で、アメリカの花崗岩を用いて建設された。

上部のガラスのタワーは、敷地が接する2種類のグリッドを調停するようにして、捻じれが与えられ、スパイラル状に空へと消えてゆく。ダラスの強い日射しを避けるために、水平のルーバーがタワーを覆い、木のテクスチャーを持つこのルーバーは、ガラスのタワーに、暖かい質感を付与し、ダイナミックな捻じれを強調している。

チーム ボグナール バラージュ ホンダ、アップルグラン ハナ、Adrian Yau*、Aigerim Szyzdykova* 施工 Sphinx Construction Group、HCMS 構造 L.A. Fuess Partners 設備 Blum Consulting Engineers 積算 Sphinx Construction Group 照明 Harwood Design Factory 協力事務所 Sadafumi Uchiyama Landscape Architect With Walker Macy、Halff Associates 写真撮影 ©︎ Balazs Bognar、 ©︎ Erieta Attali、 ©︎ Leonid Furmansky、 ©︎ Rolex Cedric Widmer