森/床 | 隈研吾建築都市設計事務所
©Kengo Kuma and Associates

日本 2003森/床

2003.4
長野
レジデンス
竣工
123
2F

森の中に一枚の床を浮遊させ、地上2.5mのレベルで森と一体化した生活を作り出そうと考えた。
床の上での生活を守るために大きな屋根を架けるが、屋根は中心の2本の柱によるアンブレラ方の構造によって指示され、外周部分からは柱を消すことができた。
内部と外部を仕切る境界面から柱を排除することで、身体と森との一体感を達成することができた。
浮かぶ床の一部を仕切って4畳半の茶室とした。茶室もまた森に対して大きな開口を設け、森の中に浮かびながら茶を喫することを可能とした。

チーム 弥田 俊男* 施工 丸山工務店 構造 牧野構造計画 設備 森村設計 照明 ALG-建築照明計画 パプリケーション JA : The Japan Architect 2004/winter 52 2003YEARBOOK 、新建築住宅特集 2003/08 208 、GA HOUSES 73