バルス・テルメホテル | 隈研吾建築都市設計事務所
©Ingo Rasp

スイス 2014バルス・テルメホテル

2014.6
バルス
内装 | 宿泊・娯楽
竣工
700
2F

バルス・テルメホテルの改修。従業員用のアパート(1ユニット1.19㎡)を洞窟のようなインティメートで暖かい客室へと改修した。約40cmの巾のオークの板を基本ユニットとし、そのユニットをオーバーラップさせながら、壁と天井を均一に覆いつくしていった。板と板の間に照明を設け、照明とインテリアデザインをインテグレートした。

ベッドもまた家具として扱うことをせず、一段上がった木製のプラットフォームの上に、直接マットを置くことで、小さな空間を効率よく利用することが可能となった。日本伝統的住宅においても、マットを畳の上に直接置くことで、小さな空間を効率よく利用する手法が用いられてきた。この日本的方法の現代的翻訳を試みた。

チーム 池口 由紀、眞田 アンテオ太郎 照明 Viabizzuno その他 Giubbini Arkitekten 写真撮影 ©︎ Ingo Rasp