©Masao Nishikawa

日本 2008ティファニー銀座

東京
飲食/店舗
竣工
580
9F / 1BF

銀座通りに面して建つテナントビルを、ファッションブランドのフラッグシップストアへリノベーションした。既存のビルと敷地境界線との80㎝の隙間に、ガラスとアルミハニカムでつくった特殊パネル(ファセット・パネル)の集合体を挿入し、重たく、硬いビルを光をキラキラと反射し透過する、軽やかで透明な箱へと転換した。

ファセット・パネルは、航空機用のアルミハニカムを二重にレイヤーし、それを合わせガラスで挟み込むことで、直射光をカットしながら透明性を確保した、地球環境にやさしいカーテンウォールを実現した。パネルのフレームやヒンジは自動車用のラッチを用いることで、高精度かつ安全性の高いディテールを実現し、それを一つ一つ、4本の支持構造体で既存のビルにアンカーすることで、一枚一枚のパネルに異なる角度を与えることが可能となり、劇的な反射の表情をもったファサードが生まれた。

チーム 藤原 徹平*、土屋 匡生* 施工 大成建設 構造 オーク構造設計 設備 ア・ファクトリー 照明 内原智史デザイン事務所 アワード 第20回BELCA賞 パブリケーション GA JAPAN 147 、ディテール 2009/09 No.182 、ディテール 2009/06 No.181 、ディテール 2009/06 No.181 、カーサ ブルータス 2009/01 vol.106 、新建築 2008/12 、GA JAPAN 93 写真撮影 ©︎ Masao Nishikawa