©Kengo Kuma & Associates

イタリア 2018木霊

2018.8
トレント
パビリオン
竣工
25
1F

イタリアの環境アートの聖地、アルテ・セラの森の中で58mm厚のカラマツの無垢材を組み合わせ、金物も糊も使わずに高さ4mの球形のパビリオンを作った。単一の小さなユニットを集積させ、人間の手だけで大きなゆるい空間を獲得しようとするデモクラティックな建設方法の実験である。
ミラノ工科大学のマルコ・インペラドーリ教授、D3WOODのマルコ・クロッツァ、構造エンジニアの佐藤淳、そして木造施工会社のRi-Legnoとのコラボレーションにより、1mmの精度で作られたナチュラルでコンテンポラリーなパビリオンが可能となった。

チーム ビヤール ルイズ ハビエル、Hirano Toshiki*、平山 貴大* 施工 D3 Wood 構造 佐藤淳構造設計事務所