Plastic House | 隈研吾建築都市設計事務所
© Mitsumasa Fujitsuka

日本 2002Plastic House

東京
レジデンス
竣工
2F / 1BF

2枚の4mm厚FRP(ガラス繊維補強プラスティック)の間に、光を透過する断熱材を挟んで、障子のようなトランスルーセントな効果を持つ外壁を作ることができた。障子のようなトランスルーセント(半透過性)な素材を用いて、日本の伝統的空間のもつ、やわらかな光の質を、現代の都市の中で再生しようと試みた。階段やバルコニーの床にはFRPでできた既製品のグレーチングを用い、手摺にもFRP製の角パイプ、丸パイプを用いた。FRPの持つ、生物的な柔らかさ、やさしさを活かし、都市と共に呼吸するような、生物的住宅を作りたいと考えた。プラスチックのような工業製品を用いても、人間の身体となじむやわらかく、やさしい空間をつくることに挑戦した。

チーム 中村 拓志* パプリケーション 日経アーキテクチュア 2003/02/03 、ディテール 2002/10 No.154 、エスクァイア 日本版 2002/10 Vol.16 No.10 、新建築 2002/08 、日経アーキテクチュア 2002/07/22 、新建築 2002/07 、GA JAPAN 2002/07-08 57 、ペン 2002/07/15 No.87 、GA HOUSES 70 Project 2002 写真撮影 ©︎ 藤塚光政