© SS Co.,Ltd / Naomichi Sode

日本 2020東京エディション虎ノ門

2020.3
東京
宿泊・娯楽
竣工
21,918
38F / 3BF

「森にいるようなintimateな空間」を目指し、自然素材をふんだんに用いてゲストに温かく寄り添うホテルをデザインした。
 オーク、ウォルナット、和紙、ライムストーンなど、各空間によって使用する仕上げを一変させることで、日本初上陸のEDITIONにふさわしいシンプルで洗練された空間を創造した。
 EDITIONのアートディレクターであるイアン・シュレーガー氏はスタジオ54、パラディアムなどのプロジェクトによってニューヨークの夜を一変させたといわれる伝説のプロデューサーであり、彼と21世紀の東京のいく先を議論しながら、従来の東京にはない、あたたかく、シンプルな「リビングルーム」が生まれた。

チーム 大庭 晋、西田 和代、坂根 知世*、塩川 正人、望月 陽平 施工 清水建設 構造 清水建設 設備 建築設備設計研究所 外構 Ballistic Architecture Machine 照明 ISOMETRIX パブリケーション カーサ ブルータス 2021/03 vol.251 、商店建築 2021/02 vol.66 No.2 、カーサ ブルータス 2021/01 vol.249 、日経アーキテクチュア 2020/11/12 No.1179 、日経アーキテクチュア 2019/08/08 、カーサ ブルータス 2018/11 vol.224 写真撮影 ©︎ Naomichi Sode / SS