銀山温泉 藤屋 | 隈研吾建築都市設計事務所
©Daici Ano

日本 2007銀山温泉 藤屋

山形
宿泊・娯楽
竣工
3F / 1BF

雪国の深い谷の底にたつ、木造4階建ての温泉旅館。100年の歴史を持つ建物が老朽化したため、使える木材を再利用して、リノベーションを行った。後に付加されたコンクリート建築をすべて取り去り、元々の木造建築の繊細さに可能な限り戻すことを試みた。

すむしこと呼ばれる繊細なスクリーンと、4mmの巾の竹を用いたヴェールダルトと呼ばれ、中世シトー派修道院で好まれた、限りなく透明に近いステンドグラスを新たに導入することで、大正時代に建てられた既存建築に対し、さらなる繊細な表情を与えることができた。

チーム 白浜 誠* 構造 中田捷夫研究室 設備 森村設計 アワード アジア・デザイン・アワード、Award of Excellence 25th Annual IALD International Lighting Design Awards パプリケーション ディテール 2007/04 No.172 、カーサ ブルータス 2007/03 vol.84 、商店建築 2006/10 Vol.51 No.10 、新建築 2006/09 、GA JAPAN 82 、日経アーキテクチュア 2005/11/14 No.809 、エスクァイア 日本版 2002/08 No.8 Vol.16 写真撮影 ©︎ Daici Ano