©Forward Stroke Inc.

日本 2020ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

2020.10
埼玉
文化施設
竣工
5F

世界でも類を見ない、4枚の地殻プレートの衝突によって生じた武蔵野台地 所沢に建つ、デジタルプリンティングの工場、コンピューター制御の新しいタイプの物流倉庫、オフィス、美術館、図書館、博物館、アニメホテル、アニメ文化と連動する神社が有機的・横断的に撹拌された複合施設。武蔵野の台地が隆起して出現したかのような角川武蔵野ミュージアムは、外壁に黒と白の斑が入り混じる、70㎜もの厚みの花崗岩を2万枚用いた。花崗岩は表面を割れ肌仕上げとし、隣り合う石のジョイントには通常行われるような凹凸を揃える加工はせず、割れてできた凹凸のまま段差を残すことで、大地の力強さと1枚の石がそれぞれ独立して浮遊するような軽快さを達成した。巨石の内部は現代アートのようなハイ・カルチャーとアニメのようなロー・カルチャー、モノとコトが撹拌され、従来の二項対立を超越した未来的迷宮としてデザインした。構造用合板による霞棚のような本棚が、脳の構造のように縦横無尽に展開し、さまざまなジャンルの書籍やオブジェを立体的に繋ぐ。巨石を磐座とし、石の荒々しさとの調和を図った、製造・オフィス棟の、目の粗いアルミエキスパンドメタルのフェンスで囲われた境内をもつ武蔵野坐令和神社は、流れ造りと妻入りが共存し、女性の神を示す内削ぎと男性の神を示す外削ぎが併置され、ここでも混在と撹拌を生じさせ、地域対文化施設を超えた、コロナ時代の新しい場所の創造を試みた。

チーム 渡邉 傑、斧原 慶子、小松 克仁*、山本 紘代、望月 陽平、李 ダソム* 施工 鹿島建設 構造 鹿島建設 設備 鹿島建設 積算 鹿島建設 外構 ランドスケープデザイン、そら植物園 協力事務所 松岡正剛、丹青社、デッセンス、Y+A Yojitakahashiarchitects、荒俣宏、ウサギノネドコ、丹青ディスプレイ、10 Inc、フロムトゥ、久米設計 パブリケーション GA DOCUMENT 158 、カーサ ブルータス 2021/09 Vol.257 、カーサ ブルータス 2021/08 vol.256 、日経アーキテクチュア 2021/03/25 No.1188 、GA JAPAN 169 、商店建築 2021/03 Vol:66 No.03 、日経アーキテクチュア 2021/01/14 No.1183 、GA JAPAN 168 、GA JAPAN 168 、カーサ ブルータス 2021/01 vol.249 、新建築 2020/12 、カーサ ブルータス 2020/11 vol.247 、カーサ ブルータス 2020/11 vol.247 、カーサ ブルータス 2020/11 vol.247 、日経アーキテクチュア 2020/08/27 No.1174 、日経アーキテクチュア 2019/01/24 写真撮影 ©︎ Forward Stroke Inc.、 ©︎ Kenshu Shintsubo、 ©︎ Nozomu Shimao/SS