©Kengo Kuma & Associates

日本 2000作新学院大学

栃木
教育
竣工

緑と水に溢れた大きな広場を中心として、複数の建築群をランダムに配置し、ひとつの「村」のようなキャンパスを作ろうと考えた。

広場の中には、小さなマウンドや大階段といったでこぼこを配置し、しっかりと大地を感じることのできる、外部空間を学生に体験してもらいたいと考えた。広場の端部にある図書館は大地に埋めるようにして建てられ、食堂は水面に浮かぶように建てられ、建築と大地との間に、様々な形のダイアログを誘発した。

チーム 坂野 由典* アワード 照明普及賞 (優秀施設賞) パブリケーション GA JAPAN 44 、新建築 2000/05 、日経アーキテクチュア 2000/05/01