©Kengo Kuma & Associates

日本 2015Birch Moss Chapel

長野
竣工
46
1F

小さなチャペルを、白樺の森の中に融かすようにしてたてた。
スチールと複合して、白樺の幹とみまがうような構造体をデザインし、その細い枝を白樺の森にランダムにたてて、ガラスの屋根を支えることで、森とチャペルとの境界が喪失した。ベンチも透明なガラスとアクリルで造り、床は内外とも苔を敷きこむことで、建築と自然との境界が消えた。その結果、ガラスのチャペルは、白樺の森の中に消えていった。
チャペルへのアプローチには、フランスのアーティスト、Jean-Michel Othonielの、ハートを形どった作品が置かれた。

チーム 横尾 実、行本 昌史、下司 歩* 施工 笹沢建設 構造 小西泰孝建築構造設計 設備 森村設計 照明 岡安泉照明設計事務所