ハモニカ横丁 三鷹 | 隈研吾建築都市設計事務所
© Jimmy Cohrssen

日本 2017ハモニカ横丁 三鷹

東京
内装 | 飲食/店舗
竣工
1F

かつてわれわれの手がけた焼き鳥屋てっちゃん(2014)のある吉祥寺ハモニカ横丁の、戦後焼け跡的な空気感の継承に挑戦した。
廃材を扱う株式会社ナカダイには、てっちゃんのLANケーブル、アクリル団子でも御世話になったが、今回は300組の自転車のスポークの廃材を供給してもらい、ファサードとインテリアを、スポークで覆いつくした。テーブルやチェアも、スポークで作り、空間のすべてをスポークという粒子で構成された状態をめざした。
スポークは、テンションだけを用いて車軸と外側のリングをつなぐという緊張感に満ちた極限の構造体であり、その緊張感は僕らがしばしば用いるテンシグリティの構造に通じると感じた。

チーム 横尾 実、田口 誉 施工 滝新 写真撮影 ©︎ Jimmy Cohrssen