東京工業大学 Hisao & Hiroko Taki Plaza | 隈研吾建築都市設計事務所
tokyoinstitututeoftecnology

日本 2020東京工業大学 Hisao & Hiroko Taki Plaza

2020.12
東京
教育
竣工
4,879
3F / 2BF

東京工業大学のキャンパスの入口に、学生活動のための新しいプラットフォームをデザインした。
キャンパスの景観に配慮し、正門から東工大のシンボルである時計台への視線を確保するために、建物の過半を地下化し、大地と一体となった緑の丘のような形状とした。デッキと植栽によって構成される階段状の大屋根と、向かい側に立つ図書館の緑の斜面によって、谷のようなランドスケープが生まれ、キャンパスの中に新しい緑の軸が生成された。
留学生との交流スペース、コ・ラーニング、ワークショップ等の複数の活動をシームレスに展開するために、室内もまたひとつの連続した地形としてデザインし、境界の曖昧なプラットフォームが、視覚的にも体感的にも繋がり、刺激し合う、触媒空間が生まれた。
周辺の複雑な環境に配慮しながら、大屋根のセクションを決定し、小さな短冊状の粒子が扇形に広がっていく、扇状地の地形のようなシルエットが生まれた。この地形を支えるツイストする構造体を露出することで、内部にも流動的な空間が生まれた。
建築の外部と内部に創造された二つの地形が共鳴し合う関係が生まれた。

チーム 名城 俊樹、田中 浩介、渡邉 啓太 施工 鹿島建設、大栄電気、日比谷総合設備 構造 金箱構造設計事務所 設備 森村設計 パプリケーション 近代建築 2021/07 No.75 、GA JAPAN 170 、新建築 2021/05 写真撮影 ©︎ 川澄・小林研二写真事務所