©Mitsumasa Fujitsuka

日本 2016獺祭ストア 本社蔵

2016.8
山口
オフィス | 商業 | 飲食/店舗
竣工
169
1F

米粒を徹底的に磨くことによって、従来の日本酒では考えられなかったような、豊穣で透明感のある味を獲得し、世界で最も愛される日本酒のひとつとなった。山口県の山間の深い谷に立地するその獺祭の工場の脇、渓流の脇に、試飲・販売のための「家」をデザインした。

急勾配の寄棟の屋根の既存民家の基本構造を残し、その上に白木の貼り板を用いて、「やわらかな皮膚」をかぶせた。羽目板の幅、隙間をランダムにすることで、生物の皮膚を想起させるやわらかさ、艶っぽさの獲得を試みた。

室内でも、既存の構造体をすべて露わしした上で、それを和紙でくるみ、夢の中漂うな、白く淡い空気感を求めた。かつて日本酒の醸造に用いられていた袋吊りにヒントを得て、鳥取県青谷の青谷和紙の職人と共に、天井から吊るされたペンダントを製作した。

チーム 横尾 実、堀木 俊 施工 百合建設工業 構造 江尻建築構造設計事務所 設備 森村設計 写真撮影 ©︎ 藤塚光政